小学生から英語を習おう|将来必ず役に立つ

子供の情操教育は大切です

楽器

三つ子の魂百まで

どんなことでもそうですが子供の頃に覚えたことは一生忘れないものですね。とかく音楽に限って言えば大成する音楽家は大抵が三歳までにレッスンを始めており、小さいうちにその才能を発揮している人が多いです。レッスンを受けるまでもなく家族の誰かが音楽家であったり、兄弟が既にその音楽教室に通っていたりして身近に音楽と触れ合っている環境である場合は特にプロへの道が開かれることでしょう。とはいえまず基本を細かく教えてもらえるのは音楽教室であることは確かですから、もしも我が子を音楽家に育てたいと考えておられるのでしたら三歳頃が習い始めのチャンスかも知れませんね。ひとくちに音楽教室と言ってもジャンルは様々です。一般的なものだとピアノや電子オルガンやバイオリンなど習い事の定番のような教室もありますが変わり種ですと三味線や琴、尺八など和楽器の教室もありますし、ドラムやエレキギターなどのファンキーな教室などもあり将来の夢や好みの音色などで選ぶことができます。とはいえ将来的に音楽大学に入学しようとする場合には副科としてピアノが必須になりますので、ピアノ教室で学んでおくのが間違いのない音楽の第一歩かも知れません。大規模に教室を経営しているような場合、小さい頃は数人の合同授業でリズム感や歌のレッスンから始まることが多いですが個人教室ですといきなりその楽器のレッスンから始まることが多いようです。どちらを選ぶかは自由ですので、しっかり検討した上で通う教室を選びましょう。