小学生から英語を習おう|将来必ず役に立つ

基礎をしっかり固めよう

先生と生徒

早くから学習しよう

近年、小学生の英語の勉強のニーズが高まっています。その理由の一つは、英語に苦手意識を持った大人が多く、我が子には英語に苦労して欲しくないと思う親が増え、積極的に英語の学習を速いうちから学習させようとすることが増えたからです。実際に、小学生のうちから英語に触れることで、中学から習う英文法に戸惑うことなく馴染むことができます。例えば小学生の頃から英会話を習っていると、大体の文章の意味や単語の意味が分かったり、英語を聞く力がついているので、中学生以降も英語に苦労しない人が多いです。また、小学生から英文法を教えている塾などが増えてきているので、そのようなところに行かせることで、無理なく基礎的な力を身につけることができます。また、私立の中高一貫校では、文部科学省の検定外の教科書を使用することが多く、その場合、進度がかなり速いので、そのようなことも見据えて早いうちから英語の学習をさせる家庭も増えてきています。検定外の教科書では、検定教科書と比較すると使用されている語彙数も大幅に多いので、中途半端な気持ちで取り組んでしまうとどんどん授業についていけなくなってしまいます。ですが、小学生のうちから検定外教科書を使用している個人塾などに行かせることによって、無駄な勉強をすることなく、中学に入るまでに語彙や文法の知識のストックを作っておくことができるので、もし私立の中高一貫校に子供を行かせるか迷っている方は、英語の勉強も早くからすることをおすすめします。

楽器

子供の情操教育は大切です

音楽を習得するには三歳から始めると大成する人が多いようですので小さい頃から音楽教室に通うことをお奨めします。音楽とひとくちに言っても様々なジャンルや楽器がありますし数名の合同レッスンや全くの個人レッスンなど形態も様々です。メリットやデメリットをよく考えて選んでみて下さいね。

保育士

幼児教育を行うメリット

自由が丘の幼児教室を利用することで、子供の教育でもっとも大切な時期に、質の高い教育を受けさせる事ができます。親が子供に行う教育では子供の能力を引き出すことが難しいですが、幼児教室を利用すれば子供が持っている隠れた能力を引き出せます。

保育園

幼児の能力を伸ばす教室

吉祥寺の幼児教室では手足を伸ばす運動や、ボールを使った遊びを行っているため、子供の柔軟性や機敏性が向上します。また幼児教室では正解したときに達成感のある授業を行っているため、自分で物事を考えて学ぶ力を身に付けられます。